労働問題

試用期間中の解雇|能力不足などで解雇する際の企業側の注意点

試用期間中の労働者については、通常の労働者(正社員)の場合よりも、企業側に広く解雇の自由が認められています。 しかし、どのような場合でも自由に解雇して良いというわけではありません。 労働者を保護する観点から、判例上、試用期間中の...
労働問題

試用期間とは?社会保険や有給など使用者側の義務・注意点について解説

使用者と労働者が労働契約を締結する際、労働者の使用期間が設定される場合があります。 試用期間は、使用者側から見れば、労働者の能力などを見極める「お試し期間」であるという印象が強いでしょう。 しかし、労働者の本採用に対する期待を保...
労働問題

モンスター社員・問題社員を辞めさせる方法と3つのケース別注意点

やる気や能力がなく仕事に穴をあける、周りに迷惑をかけるなどのモンスター社員(問題社員)は、使用者側にとって大きな悩みの種になり得ます。 日本の労働法では、労働者を保護する観点から、使用者が労働者を解雇するためのハードルは非常に高くなっ...
企業経営

株主総会の書面決議とは|流れ・メリット・ひな形

株主総会は原則として、現実に開催して決議を行う必要があります。 しかし、一定の要件を満たす場合には、現実に株主総会を開催することを省略し、書面上で株主総会決議を行うことができます。 これを「書面決議」と呼んでいます。 昨今...
企業経営

株主総会の議事録とは|ひな形・記載事項・押印の必要性など徹底解説

会社法上、株主総会議事録の作成は会社の義務とされています。 そればかりでなく、会社組織を運営していくにあたって、株主総会の議事内容を議事録の形で残しておくことは重要な意義を有します。 議事録を残しておけば、後からどのような議事が...
労働問題

男女雇用機会均等法の2020年の改正ポイント|セクハラに関する法改正

昨今、職場におけるセクシュアル・ハラスメント(以下「セクハラ」といいます)が大きな問題になっています。 現在では、法律上も事業主に対してセクハラの防止策を取ることが求められています。 セクハラ防止策は、1999年4月、男女雇用機...
企業経営

株主総会の招集通知とは|具体的な記載事項・送付期限を徹底解説

株主総会を開催するにあたっては、株主に株主総会を開催することおよびその内容について知らせるため、招集通知を発送する必要があります。 招集通知を作成・発送にあたっては、会社法上守らなければならないルールが定められています。 このル...
商取引

下請法に従い交付する発注書(3条書面)|書き方やフォーマットを解説

下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)の適用がある取引を行うに際しては、親事業者が下請事業者に対して、発注書(3条書面)を交付する必要があります。 発注書の書き方については、下請法でルールが決まっています。 そのため、発注...
商取引

下請法とは|対象となる取引について資本金など適用条件を解説

下請事業者が親事業者の意向に振り回される、親事業者から搾取されるなどの事態は、社会的に大きく問題視されています。 仕事を与える側・もらう側という関係上、下請事業者は弱い立場に立たされてしまう傾向にあり、そのことで下請事業者の労働環境が...
商取引

下請法上の支払い期日を解説|下請代金はいつまでに支払わなければならないか

元請け・下請けの関係においては、元請けである会社が下請けである会社から成果物の納品を受けても、なかなか下請代金の支払いを行わないケースも残念ながらしばしば見受けられます。 下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)が適用される取引の...
タイトルとURLをコピーしました