下請法

商取引

下請法に従い交付する発注書(3条書面)|書き方やフォーマットを解説

下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)の適用がある取引を行うに際しては、親事業者が下請事業者に対して、発注書(3条書面)を交付する必要があります。 発注書の書き方については、下請法でルールが決まっています。 そのため、発注...
商取引

下請法とは|対象となる取引について資本金など適用条件を解説

下請事業者が親事業者の意向に振り回される、親事業者から搾取されるなどの事態は、社会的に大きく問題視されています。 仕事を与える側・もらう側という関係上、下請事業者は弱い立場に立たされてしまう傾向にあり、そのことで下請事業者の労働環境が...
商取引

下請法上の支払い期日を解説|下請代金はいつまでに支払わなければならないか

元請け・下請けの関係においては、元請けである会社が下請けである会社から成果物の納品を受けても、なかなか下請代金の支払いを行わないケースも残念ながらしばしば見受けられます。 下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)が適用される取引の...
タイトルとURLをコピーしました