商取引

商取引

取引先が代金を支払ってくれない!|未払いの場合の法的措置とは

会社の経営者や個人事業者であれば、取引先や元請が代金を支払ってくれないという経験は一度はあると思います。何度か取引先に請求書を送ってみたが、入金がないため諦めてしまったという方もいるでしょう。 取引先から未払い代金を回収するためには、...
商取引

2020年の民法改正に対応した契約書の雛形・ポイント・注意点

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」によって、2020年4月1日から改正民法が施行されることになりました。 今回の改正では、民法の契約などに関するルールを定めた債権法を中心に大幅な改正となっています。そのため、改正内容...
商取引

リース契約は解約できる?リース契約のトラブルを解決するために

新しい機械・設備の導入の際には、多額の初期費用を抑えることができるリース契約を利用することには大きなメリットがあります。多くの企業でもパソコンや電話機の購入の際には、リース契約を利用しているのではないでしょうか。 このように便利なリー...
商取引

下請法に従い交付する発注書(3条書面)|書き方やフォーマットを解説

下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)の適用がある取引を行うに際しては、親事業者が下請事業者に対して、発注書(3条書面)を交付する必要があります。 発注書の書き方については、下請法でルールが決まっています。 そのため、発注...
商取引

下請法とは|対象となる取引について資本金など適用条件を解説

下請事業者が親事業者の意向に振り回される、親事業者から搾取されるなどの事態は、社会的に大きく問題視されています。 仕事を与える側・もらう側という関係上、下請事業者は弱い立場に立たされてしまう傾向にあり、そのことで下請事業者の労働環境が...
商取引

下請法上の支払い期日を解説|下請代金はいつまでに支払わなければならないか

元請け・下請けの関係においては、元請けである会社が下請けである会社から成果物の納品を受けても、なかなか下請代金の支払いを行わないケースも残念ながらしばしば見受けられます。 下請法(正式名称:下請代金支払遅延等防止法)が適用される取引の...
商取引

下請法違反について|違反事例や罰則などをわかりやすく解説

下請法では、親事業者に対して、下請事業者の「一方的な搾取」に繋がるような行為が禁止されています。 禁止行為のパターンには、非常にさまざまなものがあります。 違反行為についての詳細は、公正取引委員会が公表している「下請代金支払遅延...
タイトルとURLをコピーしました